複雑な産廃処理は経験と知識が豊富な業者に任せるべき

産業廃棄物の処理方法

男性

ゴミの量を減らす

産廃選別とは、産業廃棄物をリサイクルできるものと最終処分するものとに分けることを言います。ここにある産業廃棄物とは、建設業や製造業をはじめオフィス、商店街など事業活動によって発生する廃棄物のことです。廃プラスチック、木くず、繊維くず、金属くず、ガラス、陶器、建築資材などがそうです。この産業廃棄物の大半は、中間処理工場へと運ばれていきます。そして、中間処理工場で処理し最終処分されることになります。中間処理工場では、廃棄物の量や容積を減らすために産廃選別をします。中間処理工場で行われる処理は主に焼却、粉砕、選別の方法です。焼却では、廃棄物の減量を図ります。廃棄物を砕き減容するのが粉砕です。粉砕をすると産廃選別が可能にはなりますが、品目が多いと分別が困難となり最終処分や焼却処分になります。品目ごとに廃棄物をリサイクルと最終処分する方法が選別です。機械で廃棄物を大きさや形状でより分けて、さらに人の手作業に細く産廃選別をしていきます。リサイクルできるものは、再生事業者に引き渡されリサイクル製品に資源に使用されたり熱エネルギーとして利用されます。一方廃棄するものは最終処分場へと運ばれて埋立処分をします。これらの中間処理を行うことで、廃棄物の量を減らすことが中間処理工場の重要な役割です。このように、産廃選別をしてリサイクルできるものは再利用し、焼却や粉砕でゴミの量や容積を減らすことで最終処分場に埋め立てる廃棄物の量を減らす取り組みが行われているのです。