複雑な産廃処理は経験と知識が豊富な業者に任せるべき

ヘルメットを持つ人

金属からプラスチックまで

産業廃棄物の処理は、埼玉の専門業者に依頼しましょう。回収処理を行う専門業者は、回収した鉄やプラスチックなどを加工して、再利用している会社が信頼できます。料金体系がはっきりしていてなんでも親切に相談にのってくれる会社なら推薦できます。

業者に一任する

工場

社会責任の一環として

企業活動において、産廃の排出は避けて通れない課題の一つです。特に製造業では、製造過程で出る不要物の処理が大きな課題となります。多くの製品を生み出す企業では、産廃の量も膨大となります。そして、当然ながら産廃処理には費用が必要となります。産廃を資源に転換する動きも一部で見られますが、費用対効果として上手く行っている所は僅かです。廃棄物をリサイクルすることは、一見エコに見えますが、実はごみとして出すよりもお金が掛かることが多いのです。産廃処理は、多くの企業が頭を抱える問題でもあります。産廃処理は、専門業者に一任する企業も多いのですが、産廃の最終的な処分場を把握しておくことは、企業責任となっています。もし、万が一、自社の産廃が不法投棄されるようなことになれば、企業の信用は大きく下がることになります。産廃処理を適正に行うには、産業廃棄物マニフェストを発行している廃棄業者を選ぶことです。産業廃棄物マニフェストを発行しているということは、産廃が最後の段階まで適正に処理されて、その情報が依頼元の企業に帰って来ることを示します。このマニフェストがあることで、産廃がどこの業者に渡り、どのように処理されたのかの記録が残ることになります。産業廃棄物マニフェストがあることで、企業は産廃処理における責任を果たした証拠にもなります。産業廃棄物マニフェストを発行している処理業者を選ぶことが賢明と言えます。マニフェストが発行されているかどうかはHPで確認することができます。

玩具のごみと人形

業者依頼するメリット

一般廃棄物を業者に委託することは、様々なメリットがあります。一般廃棄物の処理を行う際には、正しく処理を行う必要があります。業者に委託をしていれば、状況によって処理をしたことがないような廃棄物が出た時、対応に困るようなことはありません。

男性

産業廃棄物の処理方法

中間処理工場では産業廃棄物を減らすため、焼却と粉砕、選別によって処理を行っています。産廃選別では、リサイクル可能な廃棄物と処分する廃棄物とに分別をします。産廃選別をされた後はリサイクルできる廃棄物はリサイクル製品の原料や熱エネルギーに使用されます。